広報 (新聞掲載記事・研究会案内)

2022.10.14
【開催案内】当研究所研究メンバー山田悟史准教授が段ボールを使った体験型ワークショップを開催
2022.10.12
当研究所研究メンバー八巻栞さん(地理学専修M2回生)が附属校で人間と自然との関係を踏まえて防災を考える地理Bの授業を実施しました(立命館大学HPへ)
2022.10.03
当研究所研究メンバー武内樹治さん(立命館大学文学研究科 博士課程後期課程)、米国ESRI社「ESRI Young Scholars Award」で最優秀賞を受賞(立命館大学HPへ)
2022.09.30
当研究所客員研究員の北原糸子先生【地域安全学会】東京大学災害・復興知連携研究機構 第2回公開研究会にご登壇
2022.09.27
ICCROMより「緊急時の文化遺産のファーストエイド ハンドブック・ツールキット」の日本語版が公開されました
2022.09.08
埼玉県熊谷市で防災ハザードマップを活用した「てくてく防災さんぽ@問屋町」を実施しました
2022.09.02
当研究所研究メンバー山田悟史准教授が「文化財がなぜ大切かを体験的に学ぶ‐斗供を例にした木割法・木組‐」を開催しました
2022.08.04
「第16回歴史都市防災シンポジウム」を開催しました
2022.07.22
洛星高等学校1年生11名の皆さんに、地理的見方・考え方で人文学的な防災研究の最先端を学ぶ授業を実施しました
2022.07.21
当研究所研究メンバー藤本将光准教授のコメントが2022年7月13日(水)の読売新聞夕刊に掲載されました
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7