プロジェクト

バーチャル京都 過去・現在・未来への旅

「バーチャル京都」は、過去・現在・未来にわたる様々な時代の京都を体験するために、最先端のGIS(地理情報システム)とVR(バーチャル・リアリティ)の技術を駆使して作られた、新しい3次元(時間次元を入れた4次元)の地図です。

本書は、21世紀COEプログラム(2002~2006年度まで)で取り組まれた、バーチャル京都に関する研究成果を分かりやすく解説し、バーチャル京都で可能となる京都の新しい体験について紹介したものです。
グローバルCOEプログラム(2007~2011年度まで)でも継続してバーチャル京都の研究を進めています。

定価2,730円(税込)
著者矢野 桂司、中谷 友樹、磯田 弦 編
フィリップ・ブラウン 編・英訳 / 美苗・サバス 英訳
出版社ナカニシヤ出版